犬用車椅子について

どんな動物でも初めての出来事には

とても慎重になります。

長く寝ていたワンちゃんは

我々が思う以上に不安やストレスを感じています。

 歩行が困難になったワンちゃんに

少しでも快適に元気に過ごしてもらうために

犬用車椅子はとても効果のあるものと考えています。

 

今までのように思いきりお外で遊びたいワンちゃん

たとえ歩けなくてもお外の空気や雰囲気を存分に感じたいワンちゃん

また自力で立つことのできないワンちゃんの入浴介護など

さまざまな使い方があります。

また次のような症状のワンちゃんや

その他の症状の介助やリハビリにご利用になれます。

また飼主様の補助・介助・看護の負担が大幅に軽減されます。

 

・ヘルニアや事故などで急に歩けなくなった

 ワンちゃんの歩行補助やリハビリ。

・コーギーに多く発症している進行性の

 病気(変性性脊髄症 DM)の進行を遅らす。

・加齢(高齢犬・老犬)による筋力の低下や

 痴ほう症の介護やリハビリ。

 

後脚が悪くなり前脚がそれをかばって歩くことにより

前脚により負担がかかります。

犬(動物)にとって前脚は原動力です。

犬用車椅子を装着することで後脚が補助され

前脚にかかる負担がとても軽減されます。    

 

歩けなくなってからでは無く

歩けているうちに

犬用車椅子のご検討をお勧め致します。

 

尚、病状や症状により車椅子が適さない場合は

製作をお断りする場合があります事ご了承下さい。

その他メニューのご紹介

変性性脊髄症(DM)

コーギー犬によく発症している進行性の病気です。

詳しく説明しています。

ヘルニア

ダックス・パグ・ペキニーズ・プードルなどに多く見られる椎間板ヘルニアについてのお話です。

 

今月のお知らせ

ただいまの納期

現在「80日 ~90日
前後でお渡しの予定です。

*製作状況により前後する場合もございますのでご了承下さい。


只今、多数のご依頼を頂いており新規の受注分は製作が大幅に遅くなります。

その他お知らせ

受注停止のお知らせ

2輪から4輪への変更は受付致します。
ご依頼多数の為に大変お待たせを致しております。
12月2日をもちまして年内のご依頼を中止致します。
再開は来年1月中旬~月末ごろを予定しております。
再開日時は改めてご報告致します。

別途消費税8%を頂戴致します。(税別表記)